玄米便秘効果.com » 変形性膝関節症の治療

変形性膝関節症の治療

変形性関節症は英語で「Osteoarthrities」といい、変形性膝関節症は一般的には「膝OA」と略されることが多いです。この膝OAは欧米人より日本人のほうが発症人数が多くまた膝の内側に発症するケースが多いそうで、遺伝的な因果関係があるのかどうか現在も研究が続けられています。


患者数が多い分治療法の研究も積極的に行われており、現在では初期症状から中期症状に掛けての保存療法で、末期症状にまで達した場合は外科手術による治療を行うというパターンを行っています。

特に変形性膝関節症の手術は曲がった骨を削ってまっすぐにしたり膝関節の一部を人工関節に取り替えたりと身体印負担の掛かる大掛かりな手術を行うことになるので、出来る限りは身体に負担の掛からない保存療法が推奨されています。

保存療法は痛みを投薬や装具などで和らげつつ自身の自然治癒力を運動療法などで向上させることで身体に大きな負担を掛けることなく変形性膝関節症を治していく方法で、回復には多少時間が掛かりますが安全に治療できる上に再発防止にも効果が期待できます。

また、その方法にも様々な種類があり患者の症状の進行度合いなどから治療メニューを医師や理学療法士などの専門化が考案し、それを実践していく形で行っていくことになります。

変形性膝関節症は特に高齢者が発症しやすい病気であることが知られています。現在日本の高齢者の増加による患者数の増大が不安視されており、発症を防ぐための予防活動を早めに行うことが推奨されています。

特に運動は変形性膝関節症の予防効果が大変高く、膝の動きを制御したり体重を支えたりと体を動かす上で重要な役割を果たす大腿四頭筋という筋肉を重点的に鍛えておけば変形性膝関節症発症の可能性を大きく削ることが出来ます。

それほど過度なトレーニングでなくてもウォーキングやストレッチなどの体操でも毎日続けることで十分に鍛えることが出来るのでぜひ始めてみてはいかがでしょうか。