玄米便秘効果.com » 風邪を鍼灸で改善

風邪を鍼灸で改善

風邪ときくと医者で注射を一本、などと言う方は多いですが、風邪は万病の元とも言われますので、もっと詳細なケアが必要と言えます。また風邪はかかりやすい方もいれば、まったくかからない方、またかかってはいるけども異常な状態が無いような方もいらっしゃいます。

風邪は急性の上気道に起こる炎症です。またこれはウイルスの感染が原因ですが、普通感冒やインフルエンザ、プール熱などの種類があります。中国医学では、風邪はまさに邪が引き起こすものと考えます。

日頃の疲れが一気に影響するのも風邪です。免疫力が衰えると、風邪に対する抵抗力が弱まり、ちょっと寒気がしただけでも風邪を引いてしまいがちです。

定期的に鍼灸治療を受けることで氣血が整い、免疫力がグッと増します。また風邪を引いてしまった場合でも鍼灸はより早く改善させることが可能です。

風邪には免疫力アップが大切です。病院で注射を打つことも有効ですが、毎年必ずかかってしまう、という場合は一度鍼灸の効果を試す価値は高いと言えます。

寒気には大椎のツボが効果的です。首を前に倒したときにえり首のあたりに出ている骨の下のツボですが、このツボの周囲をカイロなどで温めるのが用法です。

またくしゃみがひどい場合には天突、首の付け根、鎖骨の間にあるツボです。指先で軽く押すだけで効果があります。

もちろん日常的な予防も大切です。外出から帰ったらかならずうがいをし、マスクも常用します。咳1つで10万のウイルスが周囲2メートルまで放出されます。保温、加湿なども大切です。インフルエンザは湿度に弱いケースが多くあります。

風邪は万病の元、とは、風邪を引くと免疫力が落ち、様々な病気にかかる可能性が強くなることから教訓として使われている言葉です。

熱が高い場合は特に要注意です。安静を取り、体を休めることが大切です。子供の風邪にも要注意ですが、大人だからといって無理は禁物です。他人に移さないようにする気配りが大切です。