玄米便秘効果.com » フットケアと外反母趾

フットケアと外反母趾


外反母趾を防ぐためのフットケアを考えてみましょう。足には体重を支えるという重要な役割があります。その役割を担っているのが、つま先から踵に達する2本の「縦のアーチ」と親指から小指へ達する1本の「横のアーチ」です。

いずれも「土踏まず」を形成して体重を支えています。この「横のアーチ」の崩れが原因で足が横に広がっていき親指が小指側に傾斜していくようになります。このような足の状態を外反母趾といいます。

痛みがない場合は軽視されやすいが、角度によっては痛みを伴い歩行困難を招きます。では、なぜ「横のアーチ」が崩れるのでしょうか? それはズバリ、貴女の履いている靴に問題があります。

こんな靴履いていませんか?
1. 高いヒールの靴
2. 自分の足幅より狭い靴 
3. 靴の先端が矢のように細い靴

このような靴を履いていると体重をつま先だけで支えることになり、その重みで「横のアーチ」が壊れてしまうのです。また、つま先の細い部分に足が押し込められるので親指が変形してきます。

こういった状態を防ぐためにも、フットケアには気を配るべきでしょう。そして、ご自宅でフットケアの技術を身につけたい方はフットケア通信講座がお勧めです。

<外反母趾が身体に及ぼす影響>

「足が痛くて歩けない」でも我慢して歩こうとすると足に力が入らなくなり、歩く姿勢が悪くなります。姿勢が悪くなると腰や膝に余計な負担がかかって腰痛や膝痛を引き起こす結果になります。

フットケアをせずに進行させてしまうと、単に足のトラブルではなく身体全体のトラブルに発展する可能性があるのです。

<外反母趾のための靴選び>

高いヒールの靴はなるべく履かないようにしましょう。パンプスはヒールの高さを3cm以下、足の甲のかぶりが大きく足の甲にぴったり合う靴を選びましょう。

「足の甲にぴったり合う靴」は足の甲が引き締められ壊れた「横のアーチ」をもとに戻せることがあります。さらに効果的な靴はスニーカーのように足の甲をしっかりと固定してくれる「ひも付き」の靴です。

次に履いてみてつま先から1センチぐらいの余裕がある靴を選びます。これは指先が自由に動けるようにするためです。