玄米便秘効果.com » 頚椎ヘルニアと硬膜外ブロック注射

頚椎ヘルニアと硬膜外ブロック注射

硬膜外ブロック注射は、トリガーポイントや星状神経節ブロックと同様に、ペインクリニックでも最も多く使用されているものの1つです。つまりペインクリニックでも症例数が多いため、その信頼性についてはかなり高いと言えます。

これは首や腕、背中や腰、下肢など、様々な部位の痛みに対応する、いわば万能タイプです。またこの方法では脊髄や神経などに一切針は触れません。

脊髄のまわりにある硬膜、そしてその外側には硬膜外腔があります。この部分に対して局所麻酔薬を注入したり、ステロイドを注入すると、炎症を起こしている神経や靭帯、関節などにも薬剤が侵入し、痛みを抑えることができます。

頚椎ヘルニアでも、発症期、つまり急性期の痛みが大きい時期にその負担やストレスを軽減させるためにこの方法が用いられます。

交感神経や知覚神経の機能を一時的に麻痺させることで、血行の改善をもたらして、幹部の緊張を弱め、自然治癒の力を導き、また痛みの感覚そのものを局所的に麻痺させてストレスを軽減させます。

つまりこのタイプの頚椎ヘルニアは、我慢できないような痛みをまず抑えたい、という場合にとても有効な治療法です。

しかし、この方法でよく言われるのが、その副作用の危険性についてです。頚椎ヘルニアでも、注射の痛みもあれば、出血や感染症、アレルギーなどの危険性も十分にあります。

薬物治療による副作用に比べればましとも言われますが、1回の施術でも危険があるという点も見逃せません。また頸部の硬膜外ブロックは腰椎の硬膜外ブロックと比較しても難易度が高く、医師もよく緊張する、という話も聞かれます。

ブロック注射は、残念ながらそれだけで根本解決はできません。ですので根本的な原因を改善するための治療を併用することも大切です。

またまずこの施術を受けてみる、という考えは間違っていませんが、どこのペインクリニックでもいいのではなく、できるだけ信頼性の高いところを選ぶことが大切です。