玄米便秘効果.com » 年を取っても健康的に過ごす為には

年を取っても健康的に過ごす為には

現在日本は世界でも類に見ないほどの長寿が多い国として知られています。ですがそうしたお年寄り全てが健康的な生活を送っているかと言えばそうではありません。

中には寝たきりの方や病気を持った方も大勢います。年を取っても健康的な身体のままで過ごすには一体何をすれば良いのでしょうか。

健康というのはただ単に病気になっていないだけというわけではありません。そうした身体だけでなく精神的にも満たされてこそ健康的であると初めて言えるのです。

最近はそうした精神的な病気についても取り上げられることが多くなってきており、お年寄りの場合は老人性うつ病という心の病が認知され始めています。

子音老人性うつ病は昔の自分と今の自分とのギャップや体力の低下などにより普段の生活を満足に行うことが出来ないなどのストレス、社会から孤立していくような喪失感などから発症することが多く、症状が認知症と似ているためよく混同されがちで今まで老人性うつ病だと気づかなかったという方が多かったのですが、

そうした心の病の問題が取り上げ荒れれるようになってからこうした老人尾心の病気についても研究が進められるようになりました。

こうした心の病を防ぐには体を動かしたり新しいことをやってみると良いと考えられています。体を動かすと脳内物質が分泌されて頭がすっきりしたり、今までやったことの無かったことを試すのも脳の活性化にはもってこいです。

年を取ってもいつまでも好奇心をもって活動的に過していけば心身ともに健康を手に入れることが出来るでしょう。

現在の日本人の平均寿命は80歳以上を超え、これから先も寿命は延びるのではと考えられています。それは喜ばしいことかもしれませんが、寿命が延びるだけでは幸福とは呼べません。

ただ単に寿命を延ばすだけでなくその長い寿命の中で様々な活動を行っていくことこそが健康的な人生を送っていくために必要なことなのではないでしょうか。