玄米便秘効果.com » 腰痛と湿布

腰痛と湿布

腰痛には湿布が最適だ、という方は多いようです。家庭でももちろん対処できますし、仕事中、旅行中など、ほぼどのような状況でもこの療法は有効です。

また湿布には主に冷湿布と温湿布の2種類がありますが、この使い分けだけはまずしっかり覚えることが大切です。

つまり冷やすものは急性期に用いるようにします。急性期とは、腰痛の発症期の中でも最も痛みが大きな時期です。また冷す対象は炎症の部分ですので、赤く腫れていたり、患部が熱を持っている、という状態が目安になります。

代用品としては、氷を入れた袋、氷嚢や市販のアイスノンなどでもOKですが、これらは冷しすぎになることもありますので、できればタオルなどを使用して間に当てるのが適切です。

逆に温める場合は、急性期以外のすべて、とも言えますが、同じ部位でも筋肉が硬直しているのか腫れているのかわからない、という場合もあり得ますので、その場合は医師に相談することが大切です。

また温湿布については、知らない人が結構多いようですが、長時間使用するとよく皮膚がかぶれてしまうことがあります。特に皮膚が弱い方は、かぶれには要注意です。

そこからバイ菌が入ってしまうと悪化しますし、腰痛でもバイ菌への対処は面倒になりがちです。また最近は塗るタイプや、スプレーなどで固めるようなものも販売されています。

またかぶれもありますが、痒みが出る場合もあります。湿布しているのに痒くて剥がして掻いてしまう、というような状態になるのも、やはり面倒です。

またこの方法は対症療法と考えることが適切です。やはり腰痛には運動やストレッチなどのリハビリのほうを多用するべきですので、常に頼ってしまうことは避け、できるだけメリハリを付けて体のなまりを防止することが必要です。

貼ってみるとちょうどよい、気持ちがいい、というような場合に限定し、他の慣れない治療法についての効果を探ってみる、ような姿勢が大切です。