玄米便秘効果.com » 五十肩の病期について

五十肩の病期について

五十肩は肩の周辺の筋肉が痛んでいるように感じられ、なかなかその肩まわりを動かすことができなくなる症状です。また腕の上位部分も傷む場合が多く、ひどい肩凝りよりも広範囲に症状が現れます。

このような症状を感じたら、早めに整形外科、または鍼灸や接骨院で見てもらうことが大切です。そのまま放置するのは最も五十肩を悪化させてしまう可能性が高く、後々になって治療を受けてもなかなか治すことができない状態が続きます。

五十肩とは40歳以上の方が多く発症します。また特に50代の方が多いため、五十肩という名前がついています。医学的には肩関節周囲炎と呼ばれ、急性期から始まって病期があります。

疼痛性筋性けい縮期とは、痛みの症状が現れてからすぐの時期を言います。肩を中心として、明らかな原因がわからないのに激しい痛みが起こり、夜間痛もあって夜も眠れない場合もあります。

運動している場合に痛む場合、安静にしていても痛む場合と様々ですが、この時期にはまず安静にしておくことが大切です。

よく急性期から肩をほぐして充分な可動域をつけていくことが大切と言われますが、この疼痛性筋性けい縮期は急性期でも初期の状態を言います。

重いものを無理に持ったりしないで、冷やしたりして患部に血行を促し、痛みを取り除くことが必要です。

筋性拘縮期と呼ばれる段階では、激痛や安静時の痛みはほぼなくなります。また肩関節の収縮が起こるため、可動域の制限が大きくなる時期です。無理に肩を動かそうとすれば痛みも現れますが、できるだけ徐々に運動を取りいれていき、可動域を増やしていくことが大切です。

そして回復期までくれば、拘縮も半分以上改善している状態にしておくことで、リハビリ等もしやすくなります。

五十肩の治療は簡単にはいかず、また2年程度かかってしまうことも多くあります。その間充分に可動域を広げるためには、ストレッチやトレーニングを習慣づけることも必要です。