玄米便秘効果.com » リノベーションと耐震診断

リノベーションと耐震診断

耐震を考えたリノベーションをしたい、という方は、今まさに多いでしょう。東日本の震災からまだ半年も経っていない状況ですから、西日本の方でも不安になる方は多いと聞きます。

しかしながら、耐震工事というものを地震の多さに反比例するようにあまり詳しく知っている方も少ないのが現状ではないでしょうか?

コンクリートの頑丈な住まいでも危ないことは危ないということを知ってはいても、忙しくて放っておいてしまう、という方も多いようです。

法律の面から耐震基準を考えた場合、昭和56年、平成12年の二回、基準の改正がありましたが、昭和の改正の基準を満たさなかった住宅が、阪神大震災ではより大きな打撃を受けました。
このように耐震基準を下回ると恐ろしい目に合うということは一般に知られているようですので、忙しさには勝てないというようなことにはできるだけならないようにすべきでしょう。

新築を建てるのでなければ、やはり耐震基準をクリアしているどうか、耐震診断というものを受けるのがよいでしょう。

古い家屋については無料で診断を受けられる都道府県も多くあるようです。また、診断結果によってはリノベーションの際、無利子での融資制度なども受けられるようです。

木造の場合はより不安が強く、また、日本では木造家屋が多いですが、専門の機関もあるようです。無料診断もされているとのことですので、出来れば急いだほうが良いでしょう。

耐震リフォームだけでは足りず、リノベーションを今すぐにでもしたいが、充分な資金を確保してから施工する方も中にはいることでしょう。

スケルトンにして、耐震基準を満たすリノベーション工事をして、改装をはめ込むという手順が最も手早い、という方もいらっしゃるかもしれませんが、出来れば別々に考えることがやはり最善、となってしまうでしょう。

耐震工事を急ぐからといって、聞いたこともないような名前の業者からの斡旋などですぐに承諾して騙されてしまうケースも最近は多いようですので、しっかりプランを立てることも大切です。